傘のお手入れの仕方

    傘兎f

    傘(洋傘、こうもり傘)は日頃、何気なく使っていますが、実は小物としては部品数も多く、結構デリケートな品物です。ここでは傘(こうもり傘)の上手な使い方とお手入れの仕方について、ご案内します。いい傘を長くもたせましょう。

    まず、傘の開き方ですが、ぱっと一気に開くのではなく、少し開いて、ウォーミングアップしてから大きく開くのがベターです。子供の頃など、振り回しながら開くのをかっこうよく真似したこともあるかもしれませんが、傘への負担が大きいので、おとなしく扱ってあげましょう。

    同様に、傘をくるくる回すのも、傘にとっては無理が生じますので、控えましょう。
    傘をゴルクラブのように振り回したり、ステッキ代わりにつかうのも、傘にとっては迷惑です。

    傘を使った後で水を切りますが、ぞのとき強く乱暴にすると故障の原因になりやすいです。いたわるように、やさしく水を切りましょう。

    傘をしまうとき注意することをご案内します。なんといっても傘は水分を嫌います。水分があると金属部分の錆びを発生しやすくなり、生地も傷みやすくなります。

    そこで、使用後は陰干しをして乾かしてからしまいます。直射日光に当てるのは色褪せの原因になりますので、避けましょう。よく雨の後で、傘が日光浴している光景も見られますが、本当は好ましくありません。陰干しにしても、短時間で乾かすように心掛けましょう。

    汚れた傘はやさしく水洗いしてから、乾燥させます。なお、水をたっぷり含んだ傘は布でやさしく水分を吸収してから、干すのがいいでしょう。

    傘を巻くには、生地を丁寧に巻きましょう。そのとき、折り目を強くこするのは、生地を傷め、染色や防水加工に影響するおそれがありますので避けましょう。

    傘をしまう場所ですが、湿気の少なく、暗い所が好ましいです。なお、自動車の中に傘を置いたままにするのは、非常に高温になりますので、傘にとっては好ましくありませんので、できるだけ避けましょう。

    以上のとおり、傘は大変デリケートな品物ですので、やさしく扱い、特に愛着のある高級ブランドなどは、長くもたせるようにしましょう。


    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考