キャス・キッドソンの傘

    myfany
    傘のブランドはいくつもありますが、今回は、さりげないおしゃれとして、人気のあるキャス・キッドソンの傘について取り上げてみます。

    キャス・キッドソン(Cath Kidston)はイギリスのファッションブランドですが、創業者・デザイナーであるキャサリン・イザベル・キッドソンによって、1993年に始められました。

    当初は、小さなショップで、彼女の小さいころのイメージを主体にしたデザインで、生地や壁紙などを扱っていました。

    イギリスの伝統的なカントリー風のデザインをベースにして、彼女のアイディアを織り込んだものは、人々の人気を呼ぶところとなりました。その中で、小さな花柄、バラなどがキャス・キッドソンを象徴するモチーフとなっていきました。

    もちろん花柄だけにとどまらず、現代的なポップス的な味付けもとりいれて、世界中の女性から愛用されています。取り扱いアイテムも、ホームウエア、メンズウエア、アクセサリー、子供服などに展開され、イギリスを代表するデザイナーとして、エリザベス女王から叙勲されています。

    日本への展開は、昨年からは㈱サンエー・インターナショナルがライセンスを得て、総代理店となっています。同社が運営するオンラインショップもご覧ください。

    さて、キャス・キッドソンの傘ですが、当然ながら長傘も折りたたみ傘もあり、柄としてはキャス・キッドソンの象徴である花柄も含めて、比較的おとなしくはありますが、オフに向いた柄が多いといえるでしょう。価格は定価で数千円レベル、ネットショップなど実勢ではかなりの割引となっています。

    キャス・キッドソンの直営店は東京を中心に、全国に10数店を展開しています。具体的には上記オンラインショップから見るもことができます。

    そのほか、ネットショップの情報はこちらも参考になるでしょう。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考