アナスイの傘

    傘にはさまざまなブランドがありますが、独特のおしゃれ感覚で若い女性を中心に人気がある、アナスイの傘についてご説明します。まず、アナスイについて、確認してみましょう。

    アナスイ(Anna Sui)はアメリカ人(中国系)、1964年生まれの女性で、有名なデザイナーです。1992年にニューヨークにブティックをオープンし、現在では世界の10数国にを展開しています。中国系ということが影響しているのか、日本をはじめアジア諸国で特に人気のようです。

    アパレルから、アクセサリー、コスメティック、傘、雑貨など幅広く商品を提供しています。アナスイのデザインの特徴は、バラと蝶のモチーフに象徴されますが、ほかに大胆に黒や赤を使ったり、それを用いた刺繍などに個性的です。多くの女性がユニークで新しいデザインを支持しているようです。

    日本における販売は、レディースアパレルは伊勢丹と協力関係にあり、ブティックの第1号店はを新宿伊勢丹にあります。

    アナスイの情報は、まず日本アナスイのホームページ(http://www.annasui.co.jp/)をご覧になるといいでしょう。販売チャンネルはブティック、コスメティック、ドリーガールに分かれて、紹介されています。

    アナスイの傘についても、正規ルートでご覧になるには、イセタンのオンラインショップから見ることができます。上記アナスイジャパンのホームページのSHOPPINGからも、オンラインショップに入ることができます。その後、ショップの検索窓で、アナスイ、傘で検索すると表示されます。

    そこで表示されるものは、ときにより異なりますが、蝶柄、ローズ柄、花柄、レース柄、ビッグフラワー柄などで、価格は8,000円~15,000円台くらいです。

    全国の直営店、取扱店の情報は前期ホームページのSHOP LISTから調べられますので、参考にしてください。
    そのほか、ネットショップにもいろいろ登場していますので、利用することができますが、価格に相当幅があり、在庫切れもありますので、よく内容を確認されることをお勧めします。

    多数あるアナスイの傘の中で、人気アイテムの一つをご紹介します。下の写真の紫色の傘ですが、雨傘・日傘(ただし、日傘の機能はちょっと?という意見も)兼用のものです。大きな蝶のデザインとともに、縁にロゴ入りの黒のギャザーがついた大変おしゃれな逸品です。口コミでも誰もが満足、人とは違うと、伝えています。8本骨、ワンタッチ式、開いた状態で90cmです。

    テーマ : ファッション
    ジャンル : ファッション・ブランド

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考