コーチの傘について


    コーチの傘はレディースのブランド傘の中で、トップクラスの人気があります。今回はコーチの傘についてご案内します。

    ご承知のようにコーチ(COACH)はアメリカのファッション・ブランドです。その創業は1941年で、革製品の工房でバッグなどを作ることから始まりました。

    発想のひとつは、アメリカ文化の象徴でもある野球のグローブのような、質感、輝きから強い刺激を受けたということです。

    その後、バッグ以外にも、アクセサリー、アパレル、シューズなどに広がり、世界に通用するブランドとなりました。同社のビジョンはごく簡単に要約すれば、ハイクォリティでモダン、クラッシクなアメリカンライフ・アクセサリーを提供すること(コーチ・ジャパンのホームページから引用)としています。

    世界には有名ブランドがひしめいていますが、コーチは一般人にでも手に入れやすいブランドとの評価があり、愛好者も多くいます。また、アメリカでは景気が低迷するなかでも、コーチは比較的支持する人が多く、経営も積極姿勢であるといわれています。

    傘については、日本では約数十種類の折りたたみ傘が販売されています。代表的なブランド名はシグネチャーで、日本で売られている傘のほとんどはシグネチャーです。コーチの傘は全般にしゃれていながらも、落ち着いた雰囲気もあり、20~30代のレディースを中心に人気を呼んでいます。

    価格は実勢で5千円~1万円くらいのものが多く、希望価格の半額ほどのお値打ちとなっています。情報はこちらかご覧になれます。

    なお参考までに、コーチ・ジャパン自体では傘の販売を取り扱っていません。また、先ほどのホームページにも掲載されていません。

    日本で販売されている傘については、アメリカのコーチのアウトレットやファクトリーストアーから仕入れて、あるいは並行輸入されたものということです。製造はアメリカ国内では生産しておらず、大半は中国などのようですが、コーチ製であることは事実です。なお、一般論ですが、偽ものも多く出回るブランド品の世界ですから、信用ある所から購入されるようお勧めします。
    >



    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考