人気の24本骨傘など

    傘あじさいf
    今回は、傘(洋傘、こうもり傘)の中で、最近人気が高くなっている24本骨傘などについて、ご紹介します。

    ところで、みなさんは傘の骨(親骨)がいったい何本あるかご存知でしょうか? ”え~と”と戸惑われる人も多いかもしれませんね。洋傘(こうもり傘)はオーソドックスにはだいたい8本の親骨を持っています。

    これに対して、伝統の和傘は30本~数十本と非常に多くなっています。洋傘では金属の骨を開くと生地を伸ばすように張られるのに対して、和傘では骨が竹、生地が紙であるため、洋傘ほど張らないで、無理のない程度で開きますので、骨を多くせざるを得ないという、構造の違いがあるからです。

    このようにわたしたちが従来慣れてきた洋傘は大体8本骨ですが、最近は16本骨や、24本骨が出て、人気を得ています。骨が多いと重くなるおそれがありますが、技術の進歩によりアルミ、グラスファイバーなど強くて軽い素材を利用することにより、問題を克服しています。その結果、強風にも強く、シルエットも優雅で美しい傘が作られるようになりました。

    ここでは、そのような傘の中で、価格的にもお手頃で人気が高い製品をご紹介します。

    マブ(mabu)24本骨傘
    ㈱マブワールドが製造、販売しています。同社は東京にあって、レイングッズ、アクセサリーなどを扱っていますが、会社の方針として地球環境問題や教育問題への取り組みも強調しています。

    会社の設立は新しく、それだけに斬新な発想で、16本傘や24本傘を主体に提供し、最近の売れ筋として人気を集めています。

    「超軽量24本骨」シリーズは親骨にグラスファイバー、中棒にアルミシャフトを採用し、超軽量を実現し、軽くて丈夫な傘になっています。メンズ、レディースともに利用できます。価格は2,000円台です。
    同社のホームページはこちらからご覧になれます。

    グラスファイバーアンブレラ「24本骨傘」
    デュポン社製テフロン加工の超撥水を売りものにして、普及品で人気のある傘です。価格は1,200円程度です。情報はこちらからどうぞ。


    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考