スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    かさ、傘の種類(和傘、洋傘) 

    雨ピチピチ

    かさ(傘、洋傘、こうもり傘、和傘)は誰でも身近に置いてありますね。小さいころから
    傘を使うのは当たり前で、あまり深く考えたこともないかも
    しれませんが、いったいどんながあるのか、振り返ってみ
    ましょう。基本的な分け方は次のとおりです。

     ♪ あめあめ ふれふれ かあさんがじゃのめで おむかえ
      うれしいな
      ピッチピッチ チャップ チャップランランラン ♪
     
    だれでも知っている 北原白秋詩、中山晋平曲の「あめふり」
    ですが、ここでは「蛇の目傘」が出てきますね。当然「和傘」
    のひとつです。

    日本では和傘と洋傘という使い分けがあり、近代になって西洋
    から、もたらされたものを洋傘(あるいは、こうもり傘)と
    いいます。いまでは、普通に「傘」といえば洋傘を指すくらい
    ですね。

    また、用途から分ければ、雨傘と日傘に分けられます。傘は
    もともとは、雨具として使われ、単に「傘」といえば、雨傘を
    指すのが普通です。

    しかし、近代では日傘としても、多くのひと、特に女性に使
    われています。日焼け帽子や紫外線対策としてUVカットなど
    で利用されています。

    ところで洋傘(こうもり傘)は、アンブレラ(Umbrella)と
    いわれ、中学の英語でスペルを間違えたりしたした人もいる
    かもしれませんね。

    一方で、パラソル(Parasol)という言葉もあり、これは
    もともとはラテン語からきて、日傘を指し、フランス語と
    して一般的に使われますが、英語でもSunshadeのほか
    Parasolも使われます。ビーチパラソルも一般的ですね。


    なお、雨傘、日傘については、最近は両方兼用できるも
    のも出ています。

    洋傘(こうもり傘)の種類には、まずサイズから、長傘、
    折傘、ショート傘、ミニ傘と分けれます。

    機能面からは、手開き(手動式で開くもの)、シャンプ式
    (ワンタッチ)に、分けられ、開いたときの形からは
    深張り(深く絞られる)、標準張り、浅張り(平たい感じ)
    に分けれれます。







     

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。