セリーヌの傘

    傘のブランドはたくさんありますが、今回はセリーヌを取り上げてみます。

    セリーヌ(CELINE)はご存知のとおりフランスの有名ファッションブランドです。創立者のセリーヌ・ヴィビアナによって、1945年にパリで子供用のオーダーメード靴の製造から」スタートしました。

    その後、レディース・シューズやオートクチュール、バッグ、アクセサリなどに幅を広げていき、全体におしゃれで上品なデザインが人気を博し、有名ブランドの地位を確立しました。
    現在は、LVMHモエヘネシー・ルイビトングループの一員となっています。

    そのセリーヌから提供される傘はやはり、独特の上品さを持っており、造りもしっかりしていて、多くの愛好者がいます。使うのがもったいないという人もいるくらいです。

    着るものから、バッグ、アクセサリーから傘まで、セリーヌで揃える人も珍しくはないといわれ、セレブ感覚を満足させているようです。

    また、おしゃれということから、日傘にセリーヌを使う人も多いようです。

    価格的には、一般の傘と比べればやや高めで、数千円から1万数千円といったところです。

    たくさんのモデルがありますが、例としていくつかを挙げてみます。残念ながら画像を直接掲載できませんので、次の見出しをクリックして、画像サンプルとしてご覧ください。

    セリーヌ の 傘 ですセリーヌ CELINE フリル が 素敵♪ ブランド レディース 雨傘 ( 長傘 )/...
    この傘は黒地にピンク系のフリルが付いた、おしゃれアイテムです。持ち手にCELINEの刻印されています。


    セリーヌ の 傘 です!【Sale】 セリーヌ CELINE マカダム 柄 折りたたみ ブランド 雨傘 /シャ...
    この傘はシャイニーゴールド系の折り畳み傘で、大変おしゃれで、それでいて落ち着いたデザインです。持ち手にはブラゾンロゴが付いています。


    セリーヌ の 傘 です!セリーヌ CELINE CELINE ロゴ 柄 折りたたみ ブランド 雨傘 /ブラウン系...
    この傘はブラウン系の地に、セリーヌのロゴがデザインされた、折り畳み傘です。持ち手にもロゴが刻印されています。

    フォックス・アンブレラの傘

    傘のブランドはたくさんありますが、今回はフォックス・アンブレラをご紹介します。

    フォックス・アンブレラ(Fox Umbrella)はイギリスの傘専門の老舗です。一口でいえば、イギリス紳士の持ち物としてステッキ風の傘がイメージしやすいと思いますが、その傘はこのフォックス・アンブレラというのが定番です。イギリスでは誰でもその名前を知っているといわれるほどです。

    紳士用のイメージが強いですが、もちろん淑女用もありますよ。

    同社は1868年に創業され、現在に至るまで熟練の職人の手によって、素材選びから、生地の裁断、縫製、木材類や金属の加工、組み立てを行い、伝統の品を世に送り出して、世界から高い評価を得ています。

    同社のホームページはこちらからご覧になれます。英語ですが、クオリティの高さが伺えますので、興味のある方はご覧になることをお勧めします。

    種類別には、ジェントルメンとレディースがあり、伝統的には長傘ですが、折り畳み傘もあります。シャフトについては、チューブと木材(ステッキに近い)があり、シャフトとハンドル(持ち手)が一体になったものもあります。ハンドル部は厳選された素材(木や竹など)で高級感溢れるこだわりの仕上げとなっていて、アニマルの形になったものもあります。

    また、変り種としては、Packableといっていますが、ハンドルと先端部が取り外しでき、スーツケースに収まるものもあります。

    フォックス・アンブレラは高級品の傘を持っておきたい方にはお奨めです。価格は1万円台もありますが、3万円くらいがいいのかもしれませんね。もちろん、とびっきりの高級品もあります。

    日本の正規輸入品の取り扱い店は、こちらからどうぞ


    マリア・フランチェスコの傘

    の有名ブランドは多数ありますが、今回はマリア・フランチェスコを取り上げてみます。

    マリア・フランチェスコ(Mabia Francesco)はイタリア、ミラノの傘のブランドです。一口でいえば職人の手作りで、高級品を世に送り出しています。

    創業は1854年と古く、イタリア随一の伝統を誇る傘の老舗です。厳選された生地、骨材、ハンドルなど天然素材も重要視し、熟練の職人が、丁寧に工程をこなして仕上げています。

    例えば、ハンドルは、メイプル、チェリー、栗、藤、竹、そのほか皮もあり、工芸品的な出来上がりとなっています。生地はクラシカルな落ち着いたものから、ストライプ、またはいかにもイタリアというものまで、さまざまです。また、やや厚めの生地が多いようです。

    タイプとしては、長傘、折り畳みがあり、当然レディース、メンズがあります。
    価格は概ね、2万数千円と高いですが、できれば手元におきたいと、根強い人気があります。

    なお、マリア・フランチェスコは、エルメス、ルイビトンなどから販売される傘も製造しており、品質への評価が高いことの証でもあります。

    マリア・フランチェスコのホームページはこちらからご覧になれます。もともとはイタリア語ですが、英語も表示されています。興味深い表示もありますので、できたら参考にしてください。

    ネットショップの例としてはこちらを参照ください。価格は2万円~2万9千円程度です。