スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シャネルの傘

    の傘有名ブランドは多数ありますが、今回はシャネルを取り上げてみます。

    シャネル(CHANEL)は、いうまでもなくフランスのファッションブランドですが、ルーツは1910年、パリに帽子店を開いたところから始まりました。

    その後ブティック、香水などに幅を広げ、アクセサリー、時計なども提供するようになり、多少の紆余曲折はありましたが、女性の心をしっかりつかみ、ファッション界に君臨しています。

    同社のホームページはこちらからご覧になれますが、残念ながら傘は確認できません。

    シャネルの傘についても、高級品として憧れの的となています。しかしながら、なかなか入手することがむつかしい品としても、知られています。そのため、コピー商品も広く出回っていて、コピーであることを掲げて販売しているところも多数あります。

    シャネルの傘の代表的な例を挙げてみます。まず、「カメリア折り畳み傘」は黒地に大胆なカメリア(椿)の花の線が白地で描かれたユニークで人気の商品です。ジャンプ傘で、開いたときの直径は96cm、価格は8万円くらいです。

    「サーフ折り畳み傘」は、海辺でサーフィンをするデザインの、すっきりした傘で、日傘としても人気があります。価格は5万円くらいです。

    「COCO折り畳み傘」は、ワインレッドの生地にCとOを全体にちりばめた傘です。開いたときの直径が95cmで、価格は4万円強です。

    これらはネットショップなどで商品を見ることができます。参考例はこちら
    ただし、先ほどもいいましたように、コピーかどうか慎重に確認する必要があります。

    スポンサーサイト

    トーツの傘

    にはいろいろなブランドがありますが、今回はトーツを取り上げてみましょう。

    トーツ(Totes)はアメリカ オハイオ州で設立された会社で、初めは雨靴を生産していました。この靴の名前がTotesで、ポピュラーな言葉であり、後に会社名になりました。

    1970年に最初の折りたたみ傘を紹介し、そのほか、レインコートなどレイン関連の総合的なブランドとして認められるようになり、特に欧米で人気を得ています。会社としては、1997年にISOTONERというレザー製品などを扱う会社と合併し、現在の社名はThe totesISOTONERとなっています。その中のレイン関係のブランドがTotesということです。

    さて、トーツの傘ですが、大きく分けて3カテゴリーがあります。折りたたみ傘(Folding Umbrella)、自動開閉式折り畳み傘(Auto Open/Close Umbrella)、長傘(Stick)です。

    その中でトーツを代表するもとして大人気なのが、自動開閉式の折り畳み傘です。さらに、その中で、チタニウム・レインフォース(TITANIUM Reinforced)が優れもので、アメリカでも定番といわれています。完全自動開閉式で、広げたときの直系95cm、やや重たいですが、その分がっちりしていて、少々の風雨でも耐えられると使用者の口コミでも評価されています。価格的には3,000円前後です。特に強風用にはダブルキャノピーという仕様もあります。

    手動式の折り畳み傘(Folding Umbrella)は広げたときの直系95cmのものと、85cmのミニとがあり、それぞれ豊富な色と柄がそろっています。価格は2000円前後です。

    日本での販売の例として、㈱ハイマウントのホームページが参考になります。
    また、アメリカの情報を直接ご覧になるには、こちら(The totes ISOTONER)をどうぞ。



    キャス・キッドソンの傘

    myfany
    傘のブランドはいくつもありますが、今回は、さりげないおしゃれとして、人気のあるキャス・キッドソンの傘について取り上げてみます。

    キャス・キッドソン(Cath Kidston)はイギリスのファッションブランドですが、創業者・デザイナーであるキャサリン・イザベル・キッドソンによって、1993年に始められました。

    当初は、小さなショップで、彼女の小さいころのイメージを主体にしたデザインで、生地や壁紙などを扱っていました。

    イギリスの伝統的なカントリー風のデザインをベースにして、彼女のアイディアを織り込んだものは、人々の人気を呼ぶところとなりました。その中で、小さな花柄、バラなどがキャス・キッドソンを象徴するモチーフとなっていきました。

    もちろん花柄だけにとどまらず、現代的なポップス的な味付けもとりいれて、世界中の女性から愛用されています。取り扱いアイテムも、ホームウエア、メンズウエア、アクセサリー、子供服などに展開され、イギリスを代表するデザイナーとして、エリザベス女王から叙勲されています。

    日本への展開は、昨年からは㈱サンエー・インターナショナルがライセンスを得て、総代理店となっています。同社が運営するオンラインショップもご覧ください。

    さて、キャス・キッドソンの傘ですが、当然ながら長傘も折りたたみ傘もあり、柄としてはキャス・キッドソンの象徴である花柄も含めて、比較的おとなしくはありますが、オフに向いた柄が多いといえるでしょう。価格は定価で数千円レベル、ネットショップなど実勢ではかなりの割引となっています。

    キャス・キッドソンの直営店は東京を中心に、全国に10数店を展開しています。具体的には上記オンラインショップから見るもことができます。

    そのほか、ネットショップの情報はこちらも参考になるでしょう。

    フェンディの傘について

    今回は傘の有名ブランドのなかでも、ユニークな人気があるフェンディについてご紹介します。

    フェンディはご存知のように、イタリアのラグジュアリーファッションとして世界的に有名です。フェンディ夫妻によって1925年に創業されました。アメリカで人気になったポイントを取り入れた皮のコートにより大評判をとったのが、成功へのスタートです。

    その後、バッグ、ファブリック、アクセサリーなど幅広く事業を展開し、イタリア女性のステータスを示すとまでいわれます。世界にも進出、展開していますが、現在は、巨大な総合的ファッショングループのLVMH(モエ・ヘネシー・ルイビトン)グループに属しています。

    日本における事業も、会社組織としては、LVMH japanがあって、フェンディジャパンも統括されています。

    フェンディの傘について、日本ではムーンバット社がライセンス生産していたのですが、2009年からライセンスが終了しています。

    そういう事情もあるかもしれませんが、残念ながらフェンディの傘については、情報がやや少なくなっています。フェンディジャパンなどのホームページで傘は確認できませんし、同社のオンラインショップ(ゾゾタウン)でも同様です。
    また、フェンディジャパンの直営店では傘は取り扱っていません。

    ネットショップではある程度探すことができますが、楽天市場あたりが、見つけるのに良いと思われますので、参考にされてください。フェンディの商品はこちらからご覧になれます。 




    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。