スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コーチの傘について


    コーチの傘はレディースのブランド傘の中で、トップクラスの人気があります。今回はコーチの傘についてご案内します。

    ご承知のようにコーチ(COACH)はアメリカのファッション・ブランドです。その創業は1941年で、革製品の工房でバッグなどを作ることから始まりました。

    発想のひとつは、アメリカ文化の象徴でもある野球のグローブのような、質感、輝きから強い刺激を受けたということです。

    その後、バッグ以外にも、アクセサリー、アパレル、シューズなどに広がり、世界に通用するブランドとなりました。同社のビジョンはごく簡単に要約すれば、ハイクォリティでモダン、クラッシクなアメリカンライフ・アクセサリーを提供すること(コーチ・ジャパンのホームページから引用)としています。

    世界には有名ブランドがひしめいていますが、コーチは一般人にでも手に入れやすいブランドとの評価があり、愛好者も多くいます。また、アメリカでは景気が低迷するなかでも、コーチは比較的支持する人が多く、経営も積極姿勢であるといわれています。

    傘については、日本では約数十種類の折りたたみ傘が販売されています。代表的なブランド名はシグネチャーで、日本で売られている傘のほとんどはシグネチャーです。コーチの傘は全般にしゃれていながらも、落ち着いた雰囲気もあり、20~30代のレディースを中心に人気を呼んでいます。

    価格は実勢で5千円~1万円くらいのものが多く、希望価格の半額ほどのお値打ちとなっています。情報はこちらかご覧になれます。

    なお参考までに、コーチ・ジャパン自体では傘の販売を取り扱っていません。また、先ほどのホームページにも掲載されていません。

    日本で販売されている傘については、アメリカのコーチのアウトレットやファクトリーストアーから仕入れて、あるいは並行輸入されたものということです。製造はアメリカ国内では生産しておらず、大半は中国などのようですが、コーチ製であることは事実です。なお、一般論ですが、偽ものも多く出回るブランド品の世界ですから、信用ある所から購入されるようお勧めします。
    >



    スポンサーサイト

    バーバリーの傘について

    myfany
    最近バーバリーの傘に関心をもつ人がふえているようですので、今回はバーバリーについてご紹介します。

    バーバリーの傘はメンズもレディースも、全般に落ち着いた雰囲気で格調を感じさせます。もちろんあのチェック柄もありますが、それ以外にもいろいろあり、すっきりした感じのものが多いです。長傘も折りたたみもあり、またサイズもいろいろです。

    まず、バーバリーそのものについてふれてみます。よく知られているとおりバーバリーは、イギリスの有名ブランドですが、ルーツは1856年に創業者のバーバリー氏が洋服店を開いたのが始まりです。

    農民が作業用に使っていた上着からヒントを得て、耐久性・防水性に富んだ素材を開発し、防寒具や後にトレンチコートを発売して、著名人にも愛用されるようになりました。1924年に有名なバーバリー・チェックが用いられましたが、もとはバーバリー・コートの裏地として使われたものです。

    このチェック柄を傘地に使ったのは1960年代で、この後にコート以外にも使われるようになりました。

    バーバリーにはブランドがいくつかあってちょっと分かりにくいのですが、英国で展開しているのはPRORSUMとかLONDONなどです。BLUE LABELとかBLACK LABELは日本で三陽商会がライセンスを受け日本向けの独自のラインとして展開しているものです。

    肝心のバーバーリーの傘ですが、本場英国の格調高い輸入品を求めるとすれば、信頼できるショップから買うようにしましょう。まずは、バーバリーのオンラインショップで20種類ほどが画像が見られますので参考にしてください。価格は25,000円くらいが多く、中には15,000円台もあります。

    そのほかにはオーロラという会社が日本におけるライセンンス生産をしていて、多数提供しています。この商品情報は、まずバーバーリーアウトレットでご覧になってはいかがでしょうか。
    価格は、正規には2万円台が多いですが、実勢はかなりオフしているようです。

    なお、オークションなどではかなり低価格なものもありますが、中にはイメージと違ったという口コミもありますので、よく確認してください。


    ビニール傘 いろいろ

    ビニール傘f
    こうもり傘にはいろいろな種類がありますが、最近では日用品としてビニール傘抜きでは傘を語れないほどに多く利用されています。今回は、このビニール傘について、少しご案内します。

    今使われているビニール傘は、日本でホワイトローズ㈱によって開発されました。同社は戦後に、工夫を重ねて、布張りの生地の上にさらにビニールを張って、色落ちを防ぐというところから、ビニール傘の歴史が始まりました。

    その後、ビニールだけの生地を使用するようになり、当初は乳白色のものでした。初期は必ずしも安いものという感覚ではなかったようですが、素材の技術の進歩、大量生産による低価格化から次第に、ビニール傘イコール安いものということになりました。

    特に近年は中国製が大半となり、100円ショップでも買える、安いものという感覚が定着しています。若い人の中には、雨が降ったら100円ショップやコンビでビニール傘を買って、後は使い捨てということもあるようです。

    おおよその推計では、日本の傘の販売の6割くらいがビニール傘だろうといわれています。

    しかし、ビニール傘は安いものだけではありません。透明のビニール傘の武器はその透明性にあり、選挙のとき候補者が傘を差しても、顔が見えるのは、使う人には大きな魅力であり、選挙の必需品になっています。価格も1本4,000円程度します。同様に、テレビ中継でレポーターが使用することも多いですね。

    さらに、美智子皇后陛下が園遊会で使われたということで話題になりました。この傘は園遊会用にホワイトローズ社が宮内庁と相談しながら作成したそうで、現在は類似モデルが8,000円程度で販売されています。
    販売の情報はこちらからご覧になれます。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。