スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ビニール傘 いろいろ

    ビニール傘f
    こうもり傘にはいろいろな種類がありますが、最近では日用品としてビニール傘抜きでは傘を語れないほどに多く利用されています。今回は、このビニール傘について、少しご案内します。

    今使われているビニール傘は、日本でホワイトローズ㈱によって開発されました。同社は戦後に、工夫を重ねて、布張りの生地の上にさらにビニールを張って、色落ちを防ぐというところから、ビニール傘の歴史が始まりました。

    その後、ビニールだけの生地を使用するようになり、当初は乳白色のものでした。初期は必ずしも安いものという感覚ではなかったようですが、素材の技術の進歩、大量生産による低価格化から次第に、ビニール傘イコール安いものということになりました。

    特に近年は中国製が大半となり、100円ショップでも買える、安いものという感覚が定着しています。若い人の中には、雨が降ったら100円ショップやコンビでビニール傘を買って、後は使い捨てということもあるようです。

    おおよその推計では、日本の傘の販売の6割くらいがビニール傘だろうといわれています。

    しかし、ビニール傘は安いものだけではありません。透明のビニール傘の武器はその透明性にあり、選挙のとき候補者が傘を差しても、顔が見えるのは、使う人には大きな魅力であり、選挙の必需品になっています。価格も1本4,000円程度します。同様に、テレビ中継でレポーターが使用することも多いですね。

    さらに、美智子皇后陛下が園遊会で使われたということで話題になりました。この傘は園遊会用にホワイトローズ社が宮内庁と相談しながら作成したそうで、現在は類似モデルが8,000円程度で販売されています。
    販売の情報はこちらからご覧になれます。

    スポンサーサイト

    傘の修理

    みなさんはいろいろな傘をお持ちと思いますが、傘が故障することがあり得ますね。そんなときみなさんはどうされていますか?

    まず、ある程度のレベルの傘(こうもり傘)で愛着のあるものでしたら、修理できないかと思われるでしょう。簡単な故障の修理キットもありますが、高級品であれば、購入したお店に持ち込み相談するのが、ベターです。

    傘は意外と多種類の部品、あるいは専用部品もありますので、買った所が安心です。かなりの部品はメーカーでストックしているそうです。ただし、部品がないこともあるかもしれません。

    日本洋傘振興協会では品質などを保証するため、JUPAマークを設定し、会員の一定水準の傘に着けています。これによって、製造者、連絡先が分かりますので、購入するときはこのマークがついたものを買うのがベターです。

    傘の修理を行なうお店は、最近少なくなっていますが、次に少しご紹介しますので、参考にしてください。
    仲屋商店
    神田の傘や
    ナビ東京
    ピノ八千代センター

    また、比較的安い傘、或いは子供用の傘でちょっとした故障については、修理セットも販売されていて、結構自分で直すことができますので、トライしてはいかがでしょうか。
    修理セットは次の通販でも入手できます。

    傘 こうもり傘の長さについて

    傘水玉赤f

    今回は、傘(こうもり傘)の長さについてご案内します。傘を選ぶとき、長さは大きな判断基準となりますが、傘の長さは、雨や風の強さ、使う場所、個人の好みなど種々の条件によって変化します。

    ところで、傘の長さというときに、どの部分の長さを指すでしょうか。何センチの傘という場合、普通は親骨の長さを指します。これは法律(家庭用品品質表示法)でも傘の長さは親骨の長さによることになっています。

    しかし、個人によっては、手元(ハンドル)から石突(先端)までの、寸法を思っているかもしれませんし、また、折りたたみ傘もありますから、その場合は、展開したときか、たたんだ状態かという捉え方もあります。

    まず、親骨についてですが、親骨は生地を貼ってある部分に放射線状にある骨で、それを上部で受ける骨を受骨といいます。

    親骨の長さは、メンズ長傘では、最近の状態では65センチのもが多いですが、70センチも増えていますし、80センチのものもあります。おりたたみ傘では55~60センチが多いようです。

    レディース長傘では60センチが多いですが、55、62センチも出ています。コンパクトタイプでは47、50センチもあります。折りたたみでは55センチが中心のようです。
    子供用は幼児は38センチから、成長に応じて長くなっていきます。

    雨に濡れないためには、長い傘がいいのですが、長いと重たくなるという短所があります。最近長めのものが出ているのは、軽くて丈夫な素材、例えばアルミのシャフト、グラスファイバーの骨、などが採用されてきた背景もあります。

    なお、傘の長さに関連して、長ければそのまま、カバーする範囲がひろいかというと、必ずしもそうではありません。傘を広げた時の、広がり方は、形状によってしぼり気味に開くものもあり、その場合には骨の長さよりは狭い目となりますから、注意が必要です。

    人気の24本骨傘など

    傘あじさいf
    今回は、傘(洋傘、こうもり傘)の中で、最近人気が高くなっている24本骨傘などについて、ご紹介します。

    ところで、みなさんは傘の骨(親骨)がいったい何本あるかご存知でしょうか? ”え~と”と戸惑われる人も多いかもしれませんね。洋傘(こうもり傘)はオーソドックスにはだいたい8本の親骨を持っています。

    これに対して、伝統の和傘は30本~数十本と非常に多くなっています。洋傘では金属の骨を開くと生地を伸ばすように張られるのに対して、和傘では骨が竹、生地が紙であるため、洋傘ほど張らないで、無理のない程度で開きますので、骨を多くせざるを得ないという、構造の違いがあるからです。

    このようにわたしたちが従来慣れてきた洋傘は大体8本骨ですが、最近は16本骨や、24本骨が出て、人気を得ています。骨が多いと重くなるおそれがありますが、技術の進歩によりアルミ、グラスファイバーなど強くて軽い素材を利用することにより、問題を克服しています。その結果、強風にも強く、シルエットも優雅で美しい傘が作られるようになりました。

    ここでは、そのような傘の中で、価格的にもお手頃で人気が高い製品をご紹介します。

    マブ(mabu)24本骨傘
    ㈱マブワールドが製造、販売しています。同社は東京にあって、レイングッズ、アクセサリーなどを扱っていますが、会社の方針として地球環境問題や教育問題への取り組みも強調しています。

    会社の設立は新しく、それだけに斬新な発想で、16本傘や24本傘を主体に提供し、最近の売れ筋として人気を集めています。

    「超軽量24本骨」シリーズは親骨にグラスファイバー、中棒にアルミシャフトを採用し、超軽量を実現し、軽くて丈夫な傘になっています。メンズ、レディースともに利用できます。価格は2,000円台です。
    同社のホームページはこちらからご覧になれます。

    グラスファイバーアンブレラ「24本骨傘」
    デュポン社製テフロン加工の超撥水を売りものにして、普及品で人気のある傘です。価格は1,200円程度です。情報はこちらからどうぞ。


    傘のお手入れの仕方

    傘兎f

    傘(洋傘、こうもり傘)は日頃、何気なく使っていますが、実は小物としては部品数も多く、結構デリケートな品物です。ここでは傘(こうもり傘)の上手な使い方とお手入れの仕方について、ご案内します。いい傘を長くもたせましょう。

    まず、傘の開き方ですが、ぱっと一気に開くのではなく、少し開いて、ウォーミングアップしてから大きく開くのがベターです。子供の頃など、振り回しながら開くのをかっこうよく真似したこともあるかもしれませんが、傘への負担が大きいので、おとなしく扱ってあげましょう。

    同様に、傘をくるくる回すのも、傘にとっては無理が生じますので、控えましょう。
    傘をゴルクラブのように振り回したり、ステッキ代わりにつかうのも、傘にとっては迷惑です。

    傘を使った後で水を切りますが、ぞのとき強く乱暴にすると故障の原因になりやすいです。いたわるように、やさしく水を切りましょう。

    傘をしまうとき注意することをご案内します。なんといっても傘は水分を嫌います。水分があると金属部分の錆びを発生しやすくなり、生地も傷みやすくなります。

    そこで、使用後は陰干しをして乾かしてからしまいます。直射日光に当てるのは色褪せの原因になりますので、避けましょう。よく雨の後で、傘が日光浴している光景も見られますが、本当は好ましくありません。陰干しにしても、短時間で乾かすように心掛けましょう。

    汚れた傘はやさしく水洗いしてから、乾燥させます。なお、水をたっぷり含んだ傘は布でやさしく水分を吸収してから、干すのがいいでしょう。

    傘を巻くには、生地を丁寧に巻きましょう。そのとき、折り目を強くこするのは、生地を傷め、染色や防水加工に影響するおそれがありますので避けましょう。

    傘をしまう場所ですが、湿気の少なく、暗い所が好ましいです。なお、自動車の中に傘を置いたままにするのは、非常に高温になりますので、傘にとっては好ましくありませんので、できるだけ避けましょう。

    以上のとおり、傘は大変デリケートな品物ですので、やさしく扱い、特に愛着のある高級ブランドなどは、長くもたせるようにしましょう。


    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    参考
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。